忍者ブログ
健康まあじゃんシャングリラは「すわない、のまない、かけない」をモットーに誰でも楽しく気軽にマージャンができて、さらにいきいきとした暮らしのお手伝いをして行きたいと願うサロンです。地域の親交、活性にもお役に立てればと思っています。 ここはシャングリラ責任者の日々(毎日更新はムリ)、思ってることを書いていきます。左の方にシャングリラへの連絡先がのってます。メールはinfo@yuuai.net
<< 08  2017/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    10 >>


2017/09/20 (Wed)                  [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/11/29 (Sat)                  鎌倉三十三観音札所巡りその4 光触寺
 三十三観音札所巡り・・・まだ4ヶ所目ですか、気が遠くなってきた。

7番札所 光触寺。こうそくじと読むようです。
明王院からさらに東に600メーターくらいかな、金沢街道を渡って滑川も光触寺橋にて渡って細い小道を進んだ先に光触寺はあります。おお、ここか。ここはウチの方(金沢八景のほう)から山道で有名な「朝比奈の切通し」を
抜けるハイキングコースの出口付近で、何度か通ったことのある場所だ。この朝比奈の切通しというのもなかなか鎌倉時代を思い浮かべながら散策するのにいいところで、その道の途中に滑川の湧き出る源泉もあるおもろいところなのですが、今回は別の話。
光触寺は十二ヶ所のバス停のそばになります、かなり鎌倉の中心部から離れたとこにあるお寺です。
IMG_0260s.JPG
そのせいでしょうが、ひと気も少なくひっそりとしたお寺です。ここまではなかなか観光客は来ないでしょうね。浄妙寺のように広大で観光客というか参拝客の多いところも、このひっそりとした光触寺もどちらも三十三札所の一つというわけで、なかなかバラエティーに富んでいて感慨深いです。もともと寺は観光のためのものじゃないですもんね。


寺門をくぐると向こうに大きい像があって、寂しげな境内にすこし恐い感じなんですが(つのだじろうの漫画に出てきそう)、どうやら今調べたら一遍上人の像のようです(恐いなんて罰当たりでした)

本堂にインターホンがあって朱印帳の方は鳴らすようにとあるので鳴らすと、置くから住職様がいらっしゃって記帳していただけました。さらにお念仏まで唱えていただき感激でした。というのも、実は場所によっては、お寺の入り口にある拝観料を受けたりお守りお札を売ったりする小屋の中の方が、ちゃちゃっと書くようなところもあるからです(それでも達筆!)。なので住職様に書いていただき、さらに祈祷までしたいただけるなんて御利益もさらにありそうで、このひっそりしたお寺でぐっとくるものがありました。


さて、ここでだいたいこの日のルートの半分地点なんですが、この時気付いたわけです。前々から書いているように10番報国寺に回り損ねているということに。
困った。ここから山を登って6番瑞泉寺に抜けようと思っていたのですが、それでは報国寺には戻れない。。。
しばし悩んだ挙句、結局報国寺は後回しに。うーんここだけ残してしまったか。。

ということで次は瑞泉寺ですが、今日はここまで。また続きます。



PR
// この記事にコメントする //
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
// この記事へのトラックバック //
この記事にトラックバックする: 
[45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35


カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
健康まあじゃんサロン シャングリラ
HN:
シャングリラ ツナカワ
性別:
男性
自己紹介:
お問い合わせ
メール
info@yuuai.net

下北沢会場
03-3468-8337

綱島会場
045-532-2727
お天気情報
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
フリーエリア

Designed by TKTK
PHOTO by *05 free photo

忍者ブログ [PR]